アルコール代謝のメカニズムと二日酔いの原因

悪酔い・二日酔い対策を行うなら、アルコール分解のメカニズムについて多少は知っておいたほうが良いです。

どのような理屈で、悪酔い・二日酔いになってしまうのか知っておけば、それなりに対策をすることができますからね。

アルコール分解のメカニズムは?

と言っても、化学や生物の授業のように化学式まで勉強する必要はありません。

抑えておいてほしいのは、次の二点だけ。

①アルコールの90%は肝臓で分解される
②アルコールはアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドは酢酸に分解される

①アルコールの90%は肝臓で分解される

何となくの知識であって、アルコールが肝臓で分解されることを知らない人はそんなにいないでしょう。

実際、体内に摂取したアルコールの90%以上は肝臓で分解されます。

酒飲みにとって、肝臓は本当に重要な臓器です。

そのためか、二日酔い対策サプリメントには、肝臓の働きを助けるものが少なくありません。

②アルコールはアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドは酢酸に分解される

体内に入ったアルコールは肝臓でどのように分解されるのか。

まず、アルコールはアセトアルデヒドという物質に分解されます。

このアセトアルデヒドは毒性のある物質で、次に酢酸に分解されます。そして、酢酸が最終的に二酸化炭素と水に分解されることで、アルコール代謝が完了します。

アルコール分解では主に二つの酵素が大きな役割を果たしています。

ひとつはアルコール脱水素酵素(ADH)で、アルコールをアセトアルデヒドに分解します。

もうひとつがアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)で、この酵素によってアセトアルデヒドは酢酸に分解されます。

体質的にアルコール脱水素酵素やアセトアルデヒド脱水素酵素を持たない人は、まったくお酒を飲むことができません。
摂取したアルコールがそのまま体に作用してしまうので、このタイプの方はお酒は飲んではいけません。

なぜ悪酔い・二日酔いになるのか?

それではなぜ悪酔いや二日酔いになってしまうのでしょうか。

それは、大量のアルコールを摂取してしまうことによって、肝臓で処理しきれなかったアルコールやアセトアルデヒドが血液によって全身をめぐるからだと言われています。

また、アルコール分解の過程では、水分や糖分、アミノ酸やビタミンなど、さまざまな物質が消費されます。

たくさんお酒を飲み過ぎると、これらの物質が一時的に不足してしまい、その結果、悪酔いや二日酔いの症状が起こることもあります。

つまり、悪酔いや二日酔いは、肝臓で処理できる以上のアルコールを摂取したことが原因となって起こる、さまざまな症状の結果と言えます。

悪酔い・二日酔いの症状とその原因

悪酔いや二日酔いの代表的な症状は次のようなものです。

頭痛
体のだるさ
吐き気
食欲不振
下痢
筋肉痛

いずれもお酒を飲み過ぎると起こりますが、その原因はさまざまです。

悪酔いや二日酔いの症状の原因としては次のようなものがあります。

脱水症状
低血糖
アセトアルデヒド
胃液
酸素不足
アルコール(メタノール)

頭痛などは、アルコール(メタノール)やアセトアルデヒドが直接原因となって起こります。

しかし、食欲不振や下痢などは、アルコール分解による体への負担が原因となって起こります。

悪酔い・二日酔いにならないためには!?

いちばん簡単なのは、お酒を飲まないことです(笑)

と言っても、それでは解決になりませんね。それでも、自分の限界を超えた量のお酒を飲まないことは、二日酔いや悪酔いを起こさないためにとても大切です。

本当に限界を超えて飲んでしまうと、二日酔いや悪酔いではなく、急性アルコール中毒を起こしてしまう危険もあります。急性アル中になると、命の危険もあるため、とにかく限界を超えて飲まないことは重要です。

二日酔い・悪酔いの症状は全て、肝臓が処理できる量を超えたアルコールを摂取してしまうことによって起こります。

適量のお酒に留めておくことは、二日酔い対策の最も基本です。

それ以外の細かなテクニックとしては次のような対策があります。

・空腹で飲まない
・水やソフトドリンクを適度に飲む
・ちゃんぽんで飲まない
・日本酒や赤ワインなどの醸造酒に気を付ける
・二日酔い対策サプリメントを利用する

これらのテクニックについては、「誰にでもできる5つの二日酔い対策」で詳しく解説しているので、併せて読んでください。

二日酔い対策サプリメントのメリット

二日酔い対策サプリメントは文字通り、飲酒サポートや二日酔い対策として飲むサプリです。

肝臓の働きを助けたり、アルコール代謝をサポートする成分を含んでいるものが多いので、お酒を飲むときに使えば、より効果的に二日酔い対策を行えます。

飲み会の機会が多い方は、二日酔い対策サプリの導入を考えても良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*