悪酔いしたときに寝る前にできる5つの対策

別のところで悪酔い・二日酔いしないための5つの対策をご紹介しましたが、すでに悪酔いしてしまった場合はどうするのか。

二日酔い確定であきらめるのはまだ早いです。

二日酔いになってしまうにしても、なるべく症状を緩和したいですよね。

すでに悪酔いしてしまった場合にできる、5つの対策をご紹介します。

悪酔いしてしまったときにできる5つの対策

悪酔いしてしまったときできる対策とは、以下の5つ。

1. 水やスポーツドリンクをできるだけ飲む
2. 二日酔い対策サプリがある場合は飲む
3. 熱い風呂やサウナは避ける
4. すでに吐き気がある場合は吐いてしまう
5. 頭痛薬や睡眠薬はなるべく避ける

以下、ひとつずつ詳しく見てみましょう。

1. 水やスポーツドリンクをできるだけ飲む

アルコールの分解には水分が必要となります。

そのため、お酒を飲み過ぎてしまった場合は、水やスポーツドリンクを飲むと良いです。

二日酔いの症状には脱水症状が原因となるものもあります。

理想的には、お酒の飲み始めたときから、適度に水分補給しておくと良いのですが、すでにお酒を飲み過ぎてしまった後でも無駄ではありません。

また、まだ胃の中にお酒が残っている場合は、水分を摂取することで胃の中でお酒と水が混じり合い、アルコールの吸収速度が遅くなります。

アルコールを急激に吸収するのは、悪酔い・二日酔いの原因でもあります。

なお、水よりはスポーツドリンクの方が酔いのは、アルコール代謝の過程で糖分が失われてしまうからです。

2. 二日酔い対策サプリがある場合は飲む

もし、二日酔い対策サプリメントをまだ使っていないのであれば、悪酔いしてしまった後でも飲むようにしましょう。

最近ではドラッグストアだけでなく、コンビニでも取り扱っている商品が多いため、手元にない場合でも帰宅する前にコンビニに立ち寄れば簡単に入手することができます。

二日酔い対策サプリメントの多くは医薬品ではないため、飲むタイミングは比較的自由です。

飲み過ぎてしまった場合に、お酒を飲んだ後に飲むのが良いとされるものもあるため、オススメ。

場合によっては、次の日の朝は予想以上に二日酔いの症状が軽くてびっくりすることもあります。

3. 熱い風呂やサウナは避ける

すでに書いた通り、お酒をたくさん飲むとアルコール分解によって水分が消費されてしまいます。つまり、脱水症状を起こしやすくなるわけです。

お酒をたくさん飲むと、気持ちよくなってつい熱い風呂やサウナに入りたくなる人もいるようですが、オススメはできません。

まず、熱い風呂やサウナに入ることで大量に発汗し、ますます水分を失ってしまいます。こうなると脱水症状が大幅に悪化してしまうリスクがありますね。

また、サウナに入って汗をかけば、「アルコールが飛ぶ」という都市伝説もあるようですが、実際にはアルコールは90%以上が肝臓で代謝されます。

仮に汗をかいてアルコールが多少抜けたとしても、脱水症状のリスクが大きいので熱い風呂やサウナは避けましょう。

4. すでに吐き気がある場合は吐いてしまう

水分補給も行ったし、二日酔い対策サプリも飲んだ。

それでもすでに悪酔いが悪化していて、はっきりとした吐き気がある。そのような場合は、思い切って吐いてしまうのもひとつの手です。

まず、一度吐いてしまうことで、吐き気を抑えることができます。

また、胃の中にお酒が残っている場合は、それらを吐き出してしまうことで、それ以上アルコールが吸収されるのを防ぐことができます。

吐き方のポイントは、指を喉奥まで突っ込み、いちどオエっとなったら、その後に間髪入れずにもう一度指を突っ込みなおすこと。

気持ちのいいものではありませんが、慣れればすぐに吐くことができるようになります。

注意点としては、二日酔い対策サプリを飲んだ後にこれをやると、せっかく飲んだサプリも吐き出してしまうことです。

もしすでに吐き気があるのであれば、まず吐いておいてから、二日酔いサプリを飲むようにしましょう。

5. 頭痛薬や睡眠薬はなるべく避ける

悪酔いしていると、思うように寝付けないもの。また、悪酔いした時点で頭痛が起こることはあまりありませんが、二日酔いになると頭が痛くなることがよくあります。

どちらも不快なため、頭痛薬や睡眠薬を使いたくなるかもしれません。

しかし、お酒を飲んだときは、頭痛薬や睡眠薬はなるべく使用しない方が良いです。

というのも、アルコールは肝臓で分解されますが、頭痛薬や睡眠薬の中にも肝臓で分解されるものが多いからです。

そのため、アルコールを大量に飲み過ぎた状態で薬を飲むと、薬が強く効きすぎたり、肝臓に負担がかかってしまう可能性があります。

悪酔いしたときに寝る前にできる5つの対策―まとめ

ここで紹介した方法は、いずれもとても簡単に実施できる方法です。

お酒を飲み過ぎてしまい、すでに吐き気に襲われてしまっていたとしても、あきらめずにできる限りのことをしましょう。

その方が、次の日の二日酔いの苦しみが少なくて済みます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*